福岡天神・薬院 パーソナルトレーニング ピラティス 女性専門

ピラティスと筋トレの違いは明確にある!|おすすめの人も紹介!

 
ピラティスと筋トレの違いは明確にある!|おすすめの人も紹介!
この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
福岡赤坂で、女性限定の姿勢専門パーソナルトレーナーをしている松本です。 指導歴13年1万人以上の指導実績 マニュアル化されたトレーニングではなくあなたに最適な方法であなたのキレイを応援します!私自身、出産を経験し体重14㎏増!出産後はピラティスを取り入れ体型は4カ月で元通りに。 呼吸法、体幹、インナーマッスルを使うことであなたの身体は劇的に変わります。 特にぽっこりお腹には効果抜群です。 趣味:マリンスポーツ、映画鑑賞、海外旅行、とにかく外が好き
詳しいプロフィールはこちら

「ピラティスと筋トレの違いがわからない。」
「ピラティスってどんな人におすすめなの?」

これからピラティスを始めようと思っている方の中には、これらのような悩みを抱いている方も多いことでしょう。

ピラティスで得られる効果を高めるには、その特徴について知っておくことは非常に重要です。

そこで今回の内容では、ピラティスと筋トレの違いやピラティスにおすすめな人の特徴について解説します。

ポイントをしっかりと押さえ、日常生活にピラティスを取り入れていきましょう。

ピラティスと筋トレの違いとは

一見似ているように感じる「ピラティス」と「筋トレ」ですが、実は大きな違いがあります。その違いについて、ここでは4つの視点で説明します。

呼吸法の違い

ピラティスは筋トレよりも呼吸を意識して行います。呼吸を意識する理由は2つです。

  • 身体を活性化させるため
  • 筋肉の緊張を和らげるため

ピラティスには独自の呼吸法というものが存在します。

その独自の呼吸法とは息を吸うときにお腹に圧力をかけ、お腹が膨らまないようにコントロールする呼吸法です。
日常生活では鍛えることの難しい「インナーマッスル」を強化するのに最適だと言われています。

基礎代謝が向上し脂肪が燃焼しやすい状態になるため、身体の引き締めにも大きな効果を期待できます。

ピラティス独自の呼吸法の簡単なやり方を記載しておりますので、興味のある方は実践してみてください。

【ピラティスの呼吸のやり方】

  1. 両手を胸下にあて、口から息を全て吐き出し、お腹の圧力を大きくします。
  2. なるべくお腹が膨らまないよう、鼻から息を吸います。
  3. 口から息を吐き出し、お腹を凹ませていきます。肩の力は抜いて行います。
  4. 息を吸う際は胸下にあてた手が外側に開いていく感じ、吐く際は中心に寄っていく感覚を意識するのがポイントです。

使う筋肉が異なる

ピラティスと筋トレでは、使う筋肉も大きく異なります。

筋トレで主に鍛えられるのは「アウターマッスル」です。
アウターマッスルは身体の外側についている筋肉で、強い力を出すために必要になります。

筋トレをすればするほど、アウターマッスルは強化されていくため、マッチョな身体を目指したい方には「筋トレ」が良いでしょう。
鍛えたい部位をピンポイントで強化できるのも「筋トレ」の魅力と言えます。

一方で、ピラティスによって鍛えられるのは「インナーマッスル」です。
インナーマッスルを鍛えることで下記のようなメリットがあります。

  • 姿勢の改善
  • 基礎代謝の向上
  • 血流の改善

基礎代謝が向上すれば日常生活の中で消費するカロリーも増えるため、痩せやすい身体を手に入れることができます。

見た目を重視したい方にとって、「ピラティス」は最適のエクササイズと言えるでしょう。

ピラティスは年齢問わずできる

ピラティスは筋トレに比べ負荷の低いエクササイズです。
そのため、年齢を問わず誰でも行うことができます。

筋力の少ない女性や体力の衰えを気にする高齢の方でも、問題なく行うことが可能です。

また、怪我が少ないのも「ピラティス」の魅力の一つと言えます。

「ランニングや腕立て伏せはキツイからしたくない!」という方にはとてもおすすめです。

目的が異なる

そして最後は目的の違いです。

基本的に「筋トレ」は負荷をかけながらのトレーニングで、筋肉を付ける目的に行います。
鍛えたい部位を重点的に強化することも可能です。

一方で「ピラティス」は、姿勢の改善やインナーマッスルを使い基礎代謝の向上を目的に行うエクササイズです。

筋トレに比べ、負荷が低いため続けやすいのが特徴になります。
ムキムキな身体よりも、見た目が綺麗な身体を目指したい方には必見のエクササイズです。

ピラティスと筋トレは相性抜群!

ご紹介している通り、鍛えられる部位やトレーニングを行う目的は「ピラティス」と「筋トレ」で大きな違いが見られます。
理想的な身体を手に入れるには、どちらも必要です。

というのも、筋トレで鍛えられるのは「アウターマッスル」です。対照的に、ピラティスによって鍛えることができるのは「インナーマッスル」です。

この2つの筋肉は役割が大きく異なり、片方だけを重点的に鍛えると、バランスの悪い身体になってしまう可能性があります。そのため、組み合わせて行うのが最適です。

筋トレとピラティスを同時に行う際は、できるだけ「ピラティス」から先に行うことをおすすめします。

その理由は大きく分けて3つあります。

  • 基礎代謝が向上するため、筋トレの効果が高くなる
  • 姿勢が改善され、正しいフォームで筋トレが行える
  • ケガの予防ができる

このようにピラティスを先に行うことで、筋トレの効果を高めることができます。

しかし、慣れないうちは2つを同時に行うのは結構大変です。

トレーニングで大切なのは「継続」することです。無理のない範囲で行うことが重要になります。

ピラティスにおすすめな人

ここからは、ピラティスにおすすめな人の特徴についてご紹介します。
どれか一つでもあてはまっていたら、行う価値は十分にあると言えるでしょう。

姿勢を良くしたい人

ピラティスによって「インナーマッスル」が鍛えられることで、姿勢を改善することができます。
猫背や反り腰といった状態も、少しずつ治るでしょう。

また、姿勢を良くすることで、内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整えることも可能です。
イライラや頭痛・めまい・食欲不振などが続いている方は、ピラティスによって改善を図るのも良いでしょう。

しなやかで健康的な身体になりたい人

「筋肉をつけたいけどムキムキになるのは嫌だ」という女性の方も多いはずです。
しかしピラティスでは、そのような心配をする必要はありません。

なぜなら、筋トレとは異なり、ピラティスでは「インナーマッスル」を鍛えるため、筋肉が大きくなりすぎるということはないからです。

日常生活ではあまり使わないインナーマッスルを鍛えることで「しなやかな身体」を手に入れることができます。

色々な運動をしたけど効果が出ない人

ピラティスは、解剖学に基づいた「基本的な身体の動かし方」を身に着けるために行うエクササイズです。
そのため、一つひとつの動き全てに意味があります。

今まで、とりあえず運動しよう!と思い、ウォーキングやジム、ヨガなどに通って効果が出ないのは、あなたの目的に合うトレーニングではなかったのかもしれません。
ピラティスは身体の基本となる軸、歪みを整えていきます。運動を始めよう!と思ったあなたがまず最初にやることは、歪みを改善する事・これによって効果が変わってきます。

ピラティスは歪みを整えながら、インナーマッスルを使って身体を引き締めていくので、歪みや今まで効果が出ないあなたにも是非試していただきたいです。

まとめ

今回の記事では、ピラティスと筋トレの違いやピラティスにおすすめな人の特徴について解説しました。

ピラティスは女性を中心に近年注目を集めているエクササイズです。筋トレとは目的や効果が大きく異なります。

簡単に言うと、筋トレは「アウターマッスル」を鍛えるためのトレーニングで、ムキムキになりたい方におすすめです。
一方でピラティスは「インナーマッスル」を鍛えるためのエクササイズで、姿勢の改善やインナーマッスルの向上を目的に行います。

また最大限にトレーニングの効果を出すためには、これらの2つを組み合わせて行うのが良いです。
可能であれば、先にピラティスを行い、その後に筋トレを行うのが良いでしょう。

そして大切なのは「継続」することです。
どれだけトレーニングを行っても、続かなければ大きな効果を期待することはできません。
無理をせず、自分のペースでトレーニングを行っていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
福岡赤坂で、女性限定の姿勢専門パーソナルトレーナーをしている松本です。 指導歴13年1万人以上の指導実績 マニュアル化されたトレーニングではなくあなたに最適な方法であなたのキレイを応援します!私自身、出産を経験し体重14㎏増!出産後はピラティスを取り入れ体型は4カ月で元通りに。 呼吸法、体幹、インナーマッスルを使うことであなたの身体は劇的に変わります。 特にぽっこりお腹には効果抜群です。 趣味:マリンスポーツ、映画鑑賞、海外旅行、とにかく外が好き
詳しいプロフィールはこちら