福岡天神・薬院 パーソナルトレーニング ピラティス 女性専門

Sunshineパーソナルトレーニング代表プロフィール

代表プロフィール

お腹引き締め専門代表トレーナー 松本 久美

自身も出産時には体重16㎏増え、産後のお腹のたるみに悩む
出産後はピラティスを取り入れ、4カ月で妊娠前の体型に
運動指導歴15年の中で,最も多い悩みNO1 の「お腹のたるみ引き締めに特化」した指導を行う
ピラティス×筋肉トレーニングで独自のトレーニングを考案し実践
延べ1万人以上の指導実績で加齢で諦めていたお腹周りの脂肪が取れた!と医師も通う信頼と、身体に向き合う女性の人気となっている

自己紹介

4月15日生まれ 福岡県出身

2006年:オーストラリア留学
学生時代にオーストラリア研修で刺激を受け海外スポーツを学ぶために留学を決意

2007年:産婦人科勤務。院内にある運動指導室の立ち上げを行い、産前・産後の運動指導に係わる。

2011年:糖尿病、甲状腺専門クリニックに勤務。糖尿病をはじめ、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病予防の為に運動療法士としてクリニックに勤務。医師と共に運動療法研究会に参加し、講演会も行う。

2017年:一人、ひとりの身体に合わせたトレーニング指導の重要性を感じパーソナルトレーナーとして活動。
11月よりパーソナルトレーナーとして活動を始める。

幼少期から活発でとにかく外で遊ぶことが大好きでした

産まれてまもなく体重が4㎏あったので母がおんぶひもをして立ちあがろうとした瞬間、重たすぎてひっくり返ったという笑い話もあります。

姉は真面目で頭がよく、私はとにかく遊ぶのが大好きだったので、姉と足して2で割ったらいいのにね。と母によく言われてました。

3つ上の姉が中学で陸上部に所属していたということもあり、水泳部と迷ったものの陸上部の短距離に入部しました

顧問の先生がとても熱血な方で、練習は走るだけではなく、ラグビーも取り入れて練習してました
年末の走り納め100m×100本は忘れられません
大事な大会でのバトンミスをして先生から怒られ、悔しい思いをしたのも今となっては良い思い出です。

小学校のころから足が速く、高校では陸上顧問の先生から推薦いただき強豪校に入学し三年間、毎日遅くまで練習の日々でした。

高校時代は、練習もハードと言うこともあってケガが多く練習出来ない、大会に出られない悔しさを何度も経験しました。「トレーナー」という職業を意識したのもこの頃からで、進路に進む時はスポーツ関係の専門学校に行きたいと考えていました。

ここでの先生も熱い方で、毎日厳しく指導していただきました。

走る事だけでなく、精神面でも鍛えられ、先を見て自分で考え行動する事を部活を通じて教えていただきました。
ケガをして1か月ぶりの練習の時に、走るのが怖かった私に、初めて先生が隣で一緒に走ってくれたことが今でも鮮明に覚えています。本当に心強かったな。

私も先生のような不安を察知して、相手に安心感を与えられる人になりたい。

そう思わせてくれた先生です。

はじめてのピラティスとの出会い

多くの専門学校の中で最初にピラティスが導入されたのが私が通っていた専門学校でした。

日本に入って来てから間もなかった為か当時はまだ名前も知られていませんでした。当時ピラティスは選択制で、
すべての授業が終わってからの遅い時間からのスタート

九州大学非常勤講師でもあり、解剖学の授業をしていた先生が授業を担当され、憧れの先生でした。

将来指導者になった時に何か役に立つかもしれないという思いでピラティスの資格取得を選択し、これが私のピラティスとの最初の出会いでした。

ピラティスって眠たいな

授業初日、初めてピラティスを体験

先生に怒られそうですが、一番最初に感じたことは「眠たい」でした
全く身体の意識を持ってないまま、仰向けで(ピラティスの姿勢)先生の話を聞いていたせいかピラティスって良く分からない。眠たいな。と思っていました

今思えば自分の身体の意識が出来ていなかった。ということだったと思います
そんな出会いから私がピラティスを指導するまで5年ほど経ってからの事です

Helloしか英語が話せず鍛えられたオーストラリア留学

専門学校の姉妹校にもなっていたオーストラリアの大学に2年生の時、
スポーツプログラムなどの研修で一度、渡豪しました。

大学の広さも、プログラムの規模も日本とは違い見るものすべて魅了され,
もっと海外のスポーツや生活を近くで感じたい。
そう思い、母に強くお願いしました。大反対だった父も最後は納得してくれて、いつも多くを話さない父が一言「あっちに行ったら手紙を書きなさい」と言ってくれて初めての1人での海外生活がスタートしました。

オーストラリアでの経験は、今でも鮮明に覚えていて、楽しいと言うよりも英語上達の為にも、日本人とは話さない!と決めて行ったので、当時英語がほとんど話せなかった私にはとても大きなハードルでした。ほとんどと言っても、「HELLO」と名前が言えたくらいだった気がします・・・

(渡豪してすぐに通った英会話学校)

アルバイトをするため、履歴書を英語で書き、「アルバイトの空きありますか?」という文章を書いた英語のメモを片手に、何十件も歩いて渡しに行ったことも、とても鍛えられた経験です。

アルバイト先でもそうでしたが、英語で話すこと、全く文化の違う人たちとのコミュニケーションを学びました。オーストラリアはたくさんの人種が多く集まってる国でもあったので、それぞれの国の特長も色々と見ることが出来ました。

(すしショップでのアルバイト)

普通に働いてるだけで、「日本人は真面目だね!」と言われ、私には当たり前の事も国が違うと捉え方も違い、かと思えば、同じバイトの人たちは【働く】というよりもその場を楽しんでるようにみえて(日本人から見たらさぼってる、おしゃべりしてると感じると思います。でも悪気もなく堂々としてました。笑)働き方も全然違うな~と。

異文化でのアルバイトは毎日、英語との戦いでもあり、本当に毎日気が抜けない日々でした
ポケットにはメモ帳とボールペンを必ず入れていて、困ったときのフレーズや、分からない単語などはスグにメモして自宅に帰って調べてました。このメモ帳は留学して一番大事なもので、ないと不安で不安でしかたなかったです。

でもそのお陰で日常会話は少しは上達し、当初よりも友人とコミュニケーションが出来るようになりました。

留学してからは簡単な事でも伝えたいのに伝わらない悔しさ、が日々あって、
日本に帰ったら日本語は伝わるから、伝えたいことはしっかり伝えよう!と強く思い続けていました
この経験がなければ、言わなくても言いや。と伝える大切さを知らないままだったかもしれません

想いは伝える。この経験が今の私をそうさせてくれたと思います

楽しむことの素晴らしさ

留学して感じた事は、何でも楽しんで生活をしていることでした。
アルバイトの話しにしてもそうですが、あまり肩の力をいれず自然体でいる光景が多く見られました

スポーツクラブやウォーキングなどの運動も日常にとても馴染んでいて、楽しんで運動してる姿もみられ、これを見ると、英語やらなきゃ!働かなきゃ!って思ってガチガチだった私の気持ちもホッと力が抜けて、そのままの自分で良いんだ。と思えるきっかけでした。

日本で、運動=きつい と思っている人達の意識を変えたい。
自然体のままで、楽しく続けることを日本に持ち帰りたい!と思いました。

帰国後、産婦人科に勤務、社会人へ

帰国して、私が最初に運動指導に携わることになったのが産婦人科でした。

産婦人科に併設された運動指導室があり、妊婦さんの体力測定・個別カウンセリングを担当していて、妊娠中は女性もデリケートになりやすい時期。
身体の変化の相談はもちろんでしたが気持ちの面でのご相談もよく受けていました。

この頃の指導は、楽しく運動出来ればOKと言った考え方で、今軸にしているピラティスは指導の中では使っていませんでした。

その後、糖尿病専門の病院に勤務し、個別の運動カウンセリングとレッスンを担当しました。
カウンセリングは生活習慣病の方に向けた指導で、1人ひとりの生活スタイルや体力などに合わせた運動指導をしていました。

レッスンはピラティスを含めた全7種目、全て私が担当し指導させていただいてました。

糖尿病の方はもちろんの事、体重を減らしたい、お腹周りを引き締めたいなどお悩みは様々でしたが、その中でも「お腹のお肉をどうにかしたい!」はNO1のお声でした。

たくさんの方の悩みを教えていただき、グループでの指導をしていて今までの「動いて汗をかいて、楽しければOK」の運動に違和感を感じ始めていたのをよく覚えています。

1つはグループ指導はみんな一緒に動くので、ピラティスのレベルを分けてのメニューが作れないこと。個々の正しい姿勢や筋肉の使い方のお伝えが、一人ひとりの身体を触り確認まで行き届きませんでした。回数も週1回ではなく、月に2、3回だったので次来られた時には忘れている方が多くなかなか前に進めることも難しかったです。

2つ目は教室の前後に、「先生、腰が痛いんです」「痩せたいけど全く変わらない」といった多くの悩みをお聞きしていた事。8年かかさず教室に通って下さって方もお悩みを話されていました。
グループで行う運動は、目的として運動不足の解消、ストレス発散、気分転換などに当たり本来の一人ひとりの悩み解決には繋がらない。ということ。

お悩みをお聞きしても、アドバイスできる時間は5分あればいい方で、話したくても全員の悩み解決までの時間確保がそこにはありませんでした。
お悩みを解決してあげたい!という気持ちが強くなっていました

ピラティスを学ぶため単身ニューヨークへ

国際ライセンスのピラティスの資格を習得してから、5年が経ちました。

指導の回数を重ねてピラティスをやっていくうちに、「お腹が引っ込んだ、腰痛が良くなった。」「これなら無理なく出来そう。」といったお声もあり「他のクラスでもピラティスの基本が使える。身体の基本はピラティスだ。」と思うようになりました。他のクラスでも、ピラティスで使っている呼吸や背中を動かして姿勢を良くする動きを準備体操に入れながらのメニューに変え、患者様の姿勢が良くなっていくのを実感していました。

この頃からピラティスで身体が変わっていくことを実感し、もっと知りたい!ピラティスを勉強したい!と思うようになりました。

この頃、海外で爆発的人気のピラティスをみたい!
日本と海外での指導の違いやスタジオがどんなものか知りたい!
ピラティスは100年以上続く歴史がある運動で、より身近にピラティスのルーツを感じたい!
なぜこの運動が出来たのか、なぜ流行ったのか肌で感じたくて単身ニューヨークへ渡りました

ニューヨークではピラティススタジオは多く、私が見学に行った3つのスタジオは、
歩くと同じような感覚でピラティスをみなさん取り入れていて、とても日常に馴染んでいるように感じました

何よりやっぱり、楽しんで運動してるなぁ。というのが印象的でした。

出産中にまさかの!

2017年女の子を出産

妊娠中は体重がみるみる16㎏増え、後期はお皿を洗うだけでも息切れしていました。

分娩中はなかなか出産が進まず、原因を調べたところ、赤ちゃんがひっくり返ってます!(逆子ではなく)
赤ちゃんの顔がお腹側に来ていたそうです。。そのせいで陣痛はあるのに出産が進まずかなり時間がかかりました。
助産師さんから「体勢を変えましょう!」と名前を呼ばれても応えられずに、ベットから一ミリも動けない瞬間もありました

(分娩中の唯一の写真)

長い陣痛との戦い、早く産みたくて、助産師さんに「もう帝王切開でもいいです・・」と弱音をはいていましたが、
出産したのが日曜日と言うこともあり、「今、先生が居なくて、体力があるからまだ頑張りましょう!!」と言われて「えー!!そんなことある?!」と言葉も出ませんでしたが今になると頑張って良かったな。と思います。

17時間かかり無事に3748gの大きな女の子を産みました

育児や自分の生き方に悩んだ時期

自宅に帰り初めての育児がスタートしました
幸い良く寝てくれる子で、数カ月は特に手がかかりませんでした。

気持ちにも余裕があったので、
産後は16㎏増えた体重とたるんだお腹の引き締めに励みました

お腹のたるみと体重を元に戻す為に、自宅でピラティスの呼吸法や姿勢などを意識し、体重も4ヶ月で元通りになりました。それを続けていたせいか、寝不足の授乳時期から、子どもが歩き、嫌々期2歳児の時も、体力も問題なく元気に過ごせていたように思います。


子どもも少しずつ大きくなるにつれ、色んな事が起こります。
ベビーカーに乗せて、よしウォーキング!と気合十分で外に出ても、歩いて5分で泣きだし、ベビーカーは嫌がって乗らず、抱っこして何度家に帰ったことか分かりません。
4ヶ月目辺りからだったかな。とにかく人見知り、泣く子で、私から全く離れない

子どもって思い通りにはならないのが当たり前ですが、
ママからそんなに離れないのは普通じゃない!」
大人の都合が悪い事すると、母親のしつけが悪いと言われて・・
子育てが初めての私は「愛情を持って育ててるけど、私の何がいけないんだろう」何が正しいのか悩みました。

仕事に復帰したタイミングでも「まだ仕事するのは早い」などいろんな意見がありました。
だけど、育児は私の育児法でいい。ずっと心の奥深く思っていました。

一言では言い表せませんが、色々ありながらも、少しずつ母として日々成長させてもらっています。
今思うのは、「自分の気持ちを1番大切にすること」
当時はこれを忘れていて悩んでたように思います。

周囲からの「母親なんだから!」という言葉と、
こうでなければいけない。」と私自身の先入観

本当にこの時期は、母として妻として自分がどこにいるの彷徨ってましたね
ママになったから出来ない。と否定的なことではなく
ママだから分かることもあり、子どもがいるからと制限するのではなく、

子育てを楽しむために自分らしくいたい。
そう強く思っていました。

そして、私ができる事で同じような思いがある女性を増やしたい!と思いました。


お子さんが居ても好きな事を諦めずに素敵な日々を送って欲しい!という想いからピラティスパーソナルトレーニングのビジョンの形が出来ていったように思います。

パーソナルトレーニングの想い

産後10ヶ月で現場に復帰
ありがたいことに、いくつか依頼を受けてお仕事させていただきました。

(二田哲博クリニック理事長と)

パーソナルトレーナーを始めたのもこの頃からでこれまでに色々な経験をしピラティスに行きつきました。
パーソナルトレーニングをすることで、お客様が目標を決めそれに進んで行く過程の中で自信を付けて欲しい
そして、キレイにさらに笑顔になっていただきたい。

特にママ達に子どもがいるからと自分の好きな事を諦めないで欲しいと思っています。
私自身が、子どもを産んでたくさんの好きな事を諦めそうになった時もありました。

でもそれって本当の自分じゃない

たくさん悩んでそう思えたから、あなたの気持ちを一番に考えてもらえたら。と心から願っています。

私がサービスに込めた想い&あなたに約束できること

パーソナルトレーニングを通じて、

今よりもキレイにそして身体だけではなく心も豊かに!
何か少しでも前に進むきっかけになればいいな。と心から思っています。

  • 人生が変わりました
  • 好きな洋服を切れるようになりました
  • 身体が引き締まりました
  • 洋服選びが楽しいです

トレーニングを通して、見た目だけの変化ではなく、その先の人生を彩るきっかけになったら。と思っています。

  • 子どもと接することが楽しくなる。
  • 何か新しい事を始めてみようかな。
  • 家事が楽になった。など

トレーニングを通じて前向きに人生進んで行っていただく事が私のミッションと感じています。

加齢で諦めていたお腹周りの脂肪が取れました!」
「人生が変わりました」

そんな経験をあなたにも是非、体感して欲しいです。

確かな情報・確かな方法をお届けします

今まで ピラティスや目標達成に向けのセミナーなど多くの事を学んできました。
時間もお金も惜しまずかけてきました。

もちろん現在もレベルの高い先生方に学ばせていただいています。
パーソナルトレーニングはたくさんの種類や方法に溢れています。
その中で、ピラティスは身体の基本となるもので、

  • 30代後半、お腹が出てきて、お尻も下がってきた
  • 出産で体重が増えたなど

女性が年齢を重ねる度に出て来る悩みに強いもの。と思っています。
それを実際私も経験し、ピラティスで悩みを解決しました。

  • トレーニングは重たい重りを持ったハードは動きではありません

  • 呼吸を多く取り入れながらお腹の引き締めをします
  • トレーニング前に歪みの確認をして歪みを整えてからトレーニングをします

 

一時的な効果ではなくその効果が長く続くこと

 

あなたの歪みを変えていくことが大事であり、結果は必ず付いてきます。
実際に今まで一万人以上指導してきました

その結果を見てきたので自信を持って確かな情報・私がお伝え出来るサービスを惜しみなくあなたにお伝えします

目指すもの・ビジョン

私はあなたの気持ちに寄り添う指導者でいたい
あなたの一歩後ろにいて背中を押せる人でいたい

トレーニングを通じてたくさんの変化を今までみて来ました
このトレーニングが長い人生の中で、何かきっかけになり、あなたが楽しい方向に進んでもらえたらいいなという思いです。

最終的に運動が歯を磨くのと同じように日常の習慣になるように、「運動しなきゃ!」ではなく常に日常にあるものとして受け捉えていただけるようになってほしいと願っています

私が海外で感じた、運動は習慣であり、楽しむもの

私の所に来て、「身体を動かすって楽しい!」って思っていただけたらいいな

あなたの想いをトレーニングに乗せて理想の身体まで一緒に進み、その先の人生も豊かになる事をお約束します。

その他の活動

講演会・執筆・監修・取材等

全国糖尿病専門誌 さかえ 「腎機能を保つ生活習慣」2月号執筆
運動療法スタートブック監修 小野製薬株式会社
福岡大学筑紫病院 サルコペニア・フレイル講演会
ステイホームでも出来る運動療法 web講演会
サルコペニア・フレイル予防のための運動療法の実践
糖尿病の運動療法を考える会 出演 小野製薬株式会社
コミュニティラジオ出演
糖尿病専医らと運動療法研究会世話人
運動療法の実践 講演会 MSD株式会社

松本久美のちょっとした情報

◆福岡県出身
◆性格 やると決めたらまっしぐら、必ずやります。根は真面目、熱い(女版、松岡修造と言われたこともあります。笑)涙もろい
◆好きな物 海外旅行・海・映画鑑賞
◆苦手な物 虫(特にカメムシ!!)虫が家に入ってきたときは瓶を逆さにして捕獲。触れないので娘にとってもらいます・・
◆好きな言葉 信は力なり・行動すれば次の現実

資格

  • 健康運動指導士
  • FTPベイシックマットピラティス