天神・薬院 パーソナルトレーニング ピラティス 女性専門

ピラティスで肩甲骨を動かす5つのメリット!|肩こり解消方法も紹介

 
肩甲骨を動かして肩こりを治そう
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡赤坂で、女性限定の姿勢専門パーソナルトレーナーをしている松本です。 指導歴13年1万人以上の指導実績 マニュアル化されたトレーニングではなくあなたに最適な方法であなたのキレイを応援します!私自身、出産を経験し体重14㎏増!出産後はピラティスを取り入れ体型は4カ月で元通りに。 呼吸法、体幹、インナーマッスルを使うことであなたの身体は劇的に変わります。 特にぽっこりお腹には効果抜群です。 趣味:マリンスポーツ、映画鑑賞、海外旅行、とにかく外が好き
詳しいプロフィールはこちら

肩甲骨が固まってしまいがちな人は多いです。
原因はデスクワークなどで同じ姿勢を続けてしまったり、日常生活では動かしづらいことが挙げられます。

しかし、上手く肩甲骨を動かせると、肩こり改善や姿勢改善、疲労軽減になるのも確かです。

そこで、肩甲骨に効くエクササイズを知りたい方が多いと思いますが、ピラティスがとてもおすすめです。

ピラティスで肩甲骨を動かすと肩こり改善はもちろん、頭痛にまで効果があります。

今回の記事では肩甲骨を動かすエクササイズについて知りたい人のために、ピラティスで肩甲骨を動かすメリットを説明していきます!

ピラティスで肩甲骨を動かす5つのメリット

ピラティスで肩甲骨を動かすとさまざまなメリットを得られます。
今回は5つのメリットをご紹介していきますね。

肩こりの改善

肩こりの改善

ピラティスはリハビリ療法から生まれたエクササイズです。
そのため肩こりにも効果があります。

実は肩こりの原因は詳しく分かっておらず、さまざまな原因が考えられています。

例えば、筋肉の緊張や使い過ぎによる疲労などです。
筋肉は使いすぎると、どんどん凝り固まっていきます。

つまり長時間同じ姿勢を続けることは、筋肉を凝り固まらせてしまいます。
それをピラティスでほぐしてあげることで、肩こりの改善に繋がっていくでしょう。

姿勢の改善

筋肉が固まって肩甲骨が動きにくくなると、姿勢にも影響してきます。
そこで、ピラティスを行い、正しい姿勢に導いていくと、筋肉を徐々に柔らかくすることができます。

筋肉が柔らかくなれば、見た目にも変化が表れます。
自然と正しい身体の位置へと動いていくため、姿勢の改善に繋がっていくのです。

ちなみに内側の筋肉も鍛えられることで、ボディラインも整い、美しい身体&姿勢へと変化していきます。

ストレスをためない

ピラティスは独特な呼吸法で、ストレス軽減にも効果があります。

理由としては呼吸法をしっかり行うことで、身体だけでなく、活動的になる神経である交感神経とリラックスを促す副交感神経の働きを整えられるためです。

実際、ピラティスは呼吸法を大切にしています。

複雑な呼吸法なので、慣れるまでは難しいですが、習得できてしまえばこちらのものです。
呼吸法だけでも体幹の強化など多くのメリットを受けられるようになります。

上半身全体をほぐす

ピラティスは上半身全体をほぐす効果もあります。

上半身と言えば、腹筋、腕、胸筋をイメージしがちですが、重要なのは背筋です。
背筋は美しい姿勢を保つのに大切な部位になっています。

もちろん肩甲骨の筋肉も背筋の一部です。
ピラティスは骨盤エクササイズにフォーカスされがちですが、実は肩甲骨など上半身のエクササイズも優秀になっています。

頭痛改善

頭痛解消

頭痛の中でも最も多いのは緊張性頭痛だと言われています。
緊張性頭痛は肩こりなど、肩や首の筋肉が緊張することで血流が悪くなり引き起こされるものです。

片頭痛よりは痛みが弱いですが、長期間続くこともあります。

こうした頭痛にもピラティスは有効です。
肩こりや首のこりなど筋肉の緊張をほぐせるため、頭痛改善に効果があります。

肩こりを改善したいならパーソナルのピラティスがおすすめ!

肩こりを改善したいのであれば、パーソナルピラティスをおすすめします。

理由としては、個人で行うよりも効率的に学べるため、高い効果を実感できるからです。
どうしても個人が見よう見まねで行うと、間違った呼吸法やポーズを行ってしまい、本来の効果を発揮できないことがあります。

本来の効果を得られないと、今までの時間が無駄になってしまう恐れがあります。

そうならないためにも、パーソナルピラティスがおすすめです。
覚えてしまえば自宅でもできるため、さらに効果を実感できるでしょう。

肩こり解消ピラティスエクササイズ

ここからは肩こりを解消するためのエクササイズをご紹介します。
自宅で簡単にできるため、ぜひ真似してみてくださいね。

肩こり解消ピラティス1

2分でできる肩こり解消エクササイズです。
寝る前などに行うのも良いですね。

そのまま仰向けになり、手を広げましょう。

①ボールを胸の後ろおいて両手を広げましょう。
※ボールがない場合はタオルを折りたたんで使っても大丈夫です。

 

深呼吸が終わったら、円を描くように両手を回します。

②深呼吸をゆっくり5回行います。
③深呼吸が終わったら、円を描くように両手を回します。

 

④反対回しも同様に行いましょう。

④5回を目安に回していきましょう。

⑤反対回しも同様に5回行っていきます。

 

⑥最後にボールを外して、背中をくっつけましょう。

⑥最後にボールを外して、背中をくっつけましょう。
床にペタッとくっついた感じが分かると思います。

肩こり解消ピラティス2

かかしをモチーフにしたエクササイズです。

①イスや床に座り、背筋をまっすぐに伸ばしましょう
②腕を開いて肩の高さまで上げ、ヒジ先を天井に向けます。
※脇とヒジは90度に保ち、肩より少し前にセットしましょう。
③息を吸いながら、ヒジの位置を変えないよう注意して、ヒジから先を後ろに倒していきます。
※背筋はできるだけ伸ばしておき、腕の付け根から後ろに回すと効果的です。
④息を吐きながら、肩甲骨を寄せるイメージでヒジを後ろに引いていきます。
※手首の位置は変えないように注意しましょう。
⑤逆の手順で元に戻していきます。

トータル6回~8回行いましょう。
痛みがある場合は無理せず中断します。

ピラティス解消エクササイズ3

肩甲骨が安定している状態を知らない人は多いです。
このエクササイズで、ニュートラルポジションを確認してみましょう。

①四つん這いになります。
※両脚は閉じてつま先立ちのイメージで足を立てておきます。
②呼吸を3回行いましょう。
③息を吸ってから吐く時に両ひざを持ち上げます。
※お尻が天井に持っていかれるようなイメージを持ちましょう。
④そのままの体勢で息を吸ってキープします。
⑤息を吐いて膝を床に下ろしましょう。

一連の動作を6回程度行ってみてください。

まとめ

今回はピラティスで肩甲骨を動かすメリットについて説明しました。

ピラティスは個人でやってもそれなりに効果がありますが、効率よく効果を得るためにはパーソナルピラティスが一番です。

プロの目で見てもらうことで、自分のどこが間違っているのか?という疑問を解消することができます。
ぜひこの機会にピラティスで肩甲骨をほぐしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡赤坂で、女性限定の姿勢専門パーソナルトレーナーをしている松本です。 指導歴13年1万人以上の指導実績 マニュアル化されたトレーニングではなくあなたに最適な方法であなたのキレイを応援します!私自身、出産を経験し体重14㎏増!出産後はピラティスを取り入れ体型は4カ月で元通りに。 呼吸法、体幹、インナーマッスルを使うことであなたの身体は劇的に変わります。 特にぽっこりお腹には効果抜群です。 趣味:マリンスポーツ、映画鑑賞、海外旅行、とにかく外が好き
詳しいプロフィールはこちら