西区姪浜 女性専門 パーソナルトレーニング ピラティス

電車に乗ってる人たちを見ると健康具合が分かる。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら

福岡市西区姪浜駅南でパーソナルトレーナーをしています。松本です。

今日は久しぶりに地下鉄で通勤しました。
以前から地下鉄に乗ると、とても気になる光景を2つ目にしていました。

1つ目は全員スマートフォンを見ている。と言う事。
地下鉄は向かい合わせに座っていますが、私も席に座って向かい側の人を見ると、誰とも目が合わないです。

乗ってくる人を見ていても、乗りながらスマホを片手に見てるか、座ってスグにスマホを取り出して見てるかのどちらかです。
10分前後乗っていましたが、皆さん下を向いていてスマホに夢中でした。

首や肩こりが増えるのも無理ないですね。

2つ目は、私がいつもお客様に注意していることです。
これは私、見逃せないので今日のトレーニングでも何度も言いました。

それは、ひざが開いていることです。
アナタは意識したことありますか?

このひざが開いている状態は内転筋(モモの内側)を意識しないといけないんですが、これは骨盤のゆがみに関係します。
骨盤が歪んでいると、今までもお伝えしたように、姿勢が悪くなり→痛みが出る
という悪循環を引き起こします。

なので、このひざを閉じる。と言う動作はとても大切なんです。

電車に乗ってるだけで、その人の健康具合が分かりますね。

普段でも意識してひざを閉じて座るようにしてみてください。
自然と開いてくると思うので、外出先ではハンカチなどをひざに挟むと落ちないように意識が出来るのでより効果的です。

是非試してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら