福岡 ピラティス パーソナルトレーニング 

腰痛を治すために腹筋しましょう!の落とし穴。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら

福岡市西区姪浜駅南でパーソナルトレーナーをしています。松本です。

日本人のおよそ4人に1人に相当する2800万人が腰痛に苦しんでいると言われています。
その中でも原因が特定出来るのは15%程度で、残りの85%は原因不明の腰痛です。

アナタも一度は腰痛で整骨院や整形外科に通ったことがあるのではないでしょうか?

整形外科などで、腰の痛みを訴えると、「筋肉が弱っているので、腹筋を鍛えてください。」と言われた事があると思います。
私の所に来られてる方も、実際に病院で「筋肉を付けるために、腹筋してください」と言われました。と言う方もいます。

しかし、この腹筋、アナタはどんなトレーニングをイメージしますか?

腹筋と言っても4つの部位で構成されていて、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋で成り立っています。
写真を添付しますので、イメージして頂けたらと思います。

一般的には腹筋は、腹直筋のことなので、腰痛をお持ちの方はその部分をトレーニングする必要がありますね。
では、どんなトレーニングをしたら良いのか。

私は腹筋を鍛えるのは、キツイトレーニングをする事だけではないと思います。

日常で出来る事でしたら、お腹を常に引っ込めて生活をする。
姿勢を意識するのも、腹筋を使います。

これも1つのトレーニングです。

それだけ?と思うかもしれませんが、運動をしたことがない、又は長年していないアナタが、

「腰痛を治す為に腹筋をしてください」と言われてトレーニングを行った結果


大きな落とし穴は、、、

また腰を痛めてしまうと言うことです。

間違ったやり方で自宅トレーニングをして、腰痛がヒドクなるよりも小さなことから積み重ねていただいた方が良いと考えています。

正しいやり方で、行わなければ、せっかくのトレーニングも効果が出ませんし、何よりご自身で腰を痛めてしまう。結果になり兼ねません。
腹筋も沢山のやり方がありますので、アナタの症状、目的に合ったトレーニングをして頂ければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら