福岡 ピラティス パーソナルトレーニング 

大切な家族の為に

 
この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら

福岡市西区姪浜駅南でパーソナルトレーナーをしています。松本です。

本日のお客様は89歳の女性の方です。

居住者だけが入れるピラティス教室に初めて参加されました。
来られた時に「私、マットに座るのは苦手」と言われて、話を聞いていくと、ひざが悪くマットからの立ち座りが不安な様子でした。

私が「不安がある動きは、無理にしなくていいですよ」「辛かったら、椅子も準備するので声をかけてくださいね」とお伝えし、60分の教室がスタートしました。

その方の動きを見ていましたが、時折、笑顔も見られて辛い様子をみせることなく、60分が終わりました。
「いかがでしたか?」と声をかけると、「大丈夫そうです!」と元気な返答。

最初に言われた「マットに座るのが苦手」なのは、恐らく動かしてなかったのが、不安にさせてしまっていた原因ではないかと思います。

このような方は今回とだけではなく、以前にもいらっしゃいました。
その方も「動いてみると意外に出来ました」「大事にしすぎでしたね」と言われています。

痛みの具合にもよりますが、このような場合もあるので、あなたもじっとしておくよりは適切な運動をして、筋力を落とさないようにする方が身体のためになります。

そして今回の89歳の方が教室の最後におっしゃられたのが、
「健康でいるには身体を動かすのが基本ですもんね」
「93歳の主人がいるので、私は倒れられないんです。」
と。

大切な家族の為に何かしてあげるには、自分が健康でなければ何もできません。
【健康な身体】は自分のことだけではなくご家族を元気に幸せにする為にも必要なこと。

改めてお客様から学ばせていただきました。

歳を重ねている方との会話はとても重みがあり、興味深いです。
「歳をとったら、あちこち痛いの。」身体のことも勉強になります。

日々、そんな方々との会話が私は大好きです。

あなたも自分の為、ご主人の為、子どもの為、孫の為、健康でいる目的は人ぞれぞれですが、まずは身体が健康でないと何も出来ません。
その為には何が必要か・・

是非一緒に考えていけたらと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら