西区姪浜 女性専門 パーソナルトレーニング ピラティス

ドクターヘリ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら

福岡市西区姪浜駅南でパーソナルトレーニングをしています。松本です。

つい先日、テレビでドクターヘリの特集があっていました。全部は見れないので録画しましたが、やはり救急の医療の現場はすごいなと感じました。瞬時に医師に判断が委ねられることと、看護士などのチームワークに圧巻でした。

苦手な方も居るとは思いますが、私は割りと脳外科医の手術や、こういった救急の現場を見るのが好きです。
小さい頃から、病院に抵抗がなく行くのはイヤではなかった気がします。

縁があるのか、就職先は病院が長く10年以上は医療の現場に居ました。
産婦人科や糖尿病専門のクリニックだったので、ドクターヘリのような一分一秒を争うような現場ではないですが、「患者さんを治す」と言った意味では同じですね。

ドクターヘリを見て昔、なりたかった夢を思い出しました。
運動療法士として病院に就職してからなんですが、看護士の資格を取ろうと思ってました。
でもあくまで働くのは運動療法士として。

看護士の勉強をすれば、もっと身体の事が理解でき、助けれる人の範囲が広がると思ったからです。

資格を取るために色々調べたんですが、既に働いていたので、働きながら正看護士の資格をとるのは難しく、その時は諦めました。

今回救急での「死」と隣り合わせの人たちを見て、(この方はケガなどですが)
脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、糖尿病などの生活習慣病をアナタはご存知ですか?

それは、運動や食事を気をつけていたら、健康に過ごせたはずなのに、分かっては居ても、食事のバランスが悪かったり、
時間がない。面倒。と言った理由で運動をしなかったり。と言うは多く居ます。

そのままにしていたら、必ず健康は奪われます。

目には見えない「死」を近づけないように

それが私の仕事であり、そんな人たちを健康に導いていきたいと思っています。

健康で好きなことを諦めない人生を
一生涯、自分の脚で歩く人生を過ごして頂きたいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
松本 久美
初めまして。福岡市で50代から始めるピラティスを女性専門パーソナルトレーニング として行っているSUNSHIIN(サンシャイン)代表の松本です。 運動指導にて病気をお持ちの方や身体の痛みを抱えた人と関わってきました。 指導歴12年の経験を生かし、あなたのお悩みを解決します。
詳しいプロフィールはこちら